読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトドアとカフェ 甘酸辛苦 kansanshinku

アウトドアに関する情報や体験、コーヒーについて多摩エリアから

ライジングフィールド軽井沢 秋キャンプ記 タタンカ編

アウトドア お店

もう時間が経ってしまいましたが、11月22日〜23日にライジングフィールド軽井沢へ行ってきました。

www.rising-field.com

どのようなキャンプ場かというと、新しいこともあり全体的にキレイです。

女性が気になるトイレも少し狭いですが、キレイなので不満は無いと思います。

では施設を少しご紹介。

こちらがセンターハウス

受付や売店になります。
f:id:kansanshinku:20161029234219j:image

受付窓口はこんな感じ

売店の写真はありませんが、アウトドアグッズを販売していますので忘れ物をしても大丈夫かな。

ガス、薪、炭もあります。薪は杉系とブナ系がありますので、焚き火の用途に合わせて選べますね。

杉系はちょっと割高感がありますが、太めの薪なのでこんなものかなと。

気になる方は少し持ち込んで様子を見ても良いかもしれませんね。

f:id:kansanshinku:20161029234243j:image

こちらが今回泊まった『タタンカ』

テントで言う前室的な板の間があり、食事などに便利そう。

床も高いので雨でも安心です。

予約の時点では天気が怪しかったのと、電源付きのオートサイトが8000円、タタンカが9000円ということもあり、初体験のタタンカを選びました。
f:id:kansanshinku:20161029234303j:image

5人までが基本料金で、人数が増えることに追加されます。

ウチは大人2名子ども3名の5人家族ですが、余裕を持って寝られました。
f:id:kansanshinku:20161029234328j:image

ただ、このタタンカエリア(フロンティアフィールド・フォレスト)は傾斜面を利用して建てられています。

なので、荷物を運んだり移動するのが多少大変です。

ウチが泊まったNo5のタタンカは目の前が傾斜で平な部分が少なく、焚き火台などに困りました。
f:id:kansanshinku:20161029234352j:image

タタンカでも『プレミアム』のエリア(フロンティアフィールド・プレミアム)は平なところにあるので、そんな心配はありません。

料金が高いですけどね。

 

敷地内にはいくつかの『キャンプベース』があります。

ここにはトイレ、流し台、冷蔵庫があります。
f:id:kansanshinku:20161029234446j:image冷蔵庫がある理由ですが、食材の保存は当たり前で、鳥獣から守るためでもあるそうです。

チェックインのときに説明を受けますが、食材を外に置いておくとキツネが来るそうで、匂いが漏れない冷蔵庫か車への収納を勧められます。

キツネは靴や皮製品も持って行ってしまうことがあるので、テント内に仕舞ってくださいと言われました。

他にも鹿や熊、ウサギ、リスがいるようです。

また、夜はフクロウらしき鳴き声も聞きました。

 

キャンプベースのひとつ、流し台です。写真には3つですが、あと3つくらい流し台がありました。

お湯もでますので、寒い季節でも安心です。

レバーを左いっぱいにするとかなり熱くなるのでご注意を
f:id:kansanshinku:20161029234502j:image

 

こちらは『スカイフィールド』

広々とした原っぱです。

翌日?のイベントに向けてテントを立てていました。
f:id:kansanshinku:20161029234521j:image

その奥にあるアスレチックですが、イベントなどがないとやっていないようです。

子どもたちは残念がってました。
f:id:kansanshinku:20161029234541j:image
残念と言えばセンターハウスの隣に『MOON BEAR』というCafe&Barがあるのですが、こちらもお休みでした。

施設の方には聞きませんでしたが、ハイシーズンやイベントのときだけ営業でしょうか。

クラフトビールを飲みたかったので残念でした。

利用したい方は要確認です。


f:id:kansanshinku:20161030002402j:image
国立公園内にあるということもあってか、夜は暗くなります。

天気がイマイチでしたが、時折雲の切れ間からは星空も見られ、子どもたちに見せられたのは良かったです。(我が家のキャンプは曇りが多くてあまり星を見れてません)

 

消灯時間は22時ですが、そこは利用者の善意に任せられています。

明かりを落とし、静かに過ごしましょうということです。

22時以降でも賑やかな声も聞こえてきましたが、節度を持って過ごしたいですね。

それが、みんなが楽しめて長く続くことにもつながりますから。

 

そして、ライジングフィールドに限らず、軽井沢でのキャンプでおすすめのスーパーは『ツルヤ』です。

www.tsuruya-corp.co.jp

品揃えなどからもここは外せません。

食材とお酒はここで揃えました。

今回のキャンプで飲んだミカドコーヒーもツルヤ内にあります

https://www.instagram.com/p/BL75gL3jgHG/

先日のキャンプよりミカド珈琲 レギュラーブレンド食材を買った軽井沢ツルヤ店でキャンプ場に到着してひと息つくのに、ちょうど良い感じ#ミカド珈琲 #軽井沢ツルヤ #cafflano #cafflanoklassic #カフラーノ #jetboil #アウトドアコーヒー #アウトドア #outdoor #outdoorcoffee #キャンプ #コーヒー #coffee #coffeetime #今日もコーヒー膨らまそう #甘酸辛苦 #ライジングフィールド軽井沢 #LIFECamping


他にもマツキヨがあり、隣にはホームセンターのコメリ

少し離れたところにもホームセンターのケーヨーデーツー、ヤマダ電機などがあるので一通り揃います。

紅葉も楽しみながらの軽井沢キャンプ、寒くなってきましたが、まだまだ楽しめそうです!