読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトドアとカフェ 甘酸辛苦 kansanshinku

アウトドアに関する情報や体験、コーヒーについて多摩エリアから

バームクーヘン焼きました 家のガスコンロ編

イベント ビール・料理

次回の『LIFE Camping』で何をしようか?

そんな話から出た「バームクーヘン作り」

みんな未体験だったのでメンバー各自がやってみることになりましたので、我が家の場合をご紹介。

今回は家のガスコンロでチャレンジ!

 

まずはバームクーヘンと言えば中心の穴。

この穴の部分になり、クルクルと回す棒がこちら。
f:id:kansanshinku:20160820135730j:image

 ダイソーで買った杭。

長さは80cmで100円でした。

麺棒を買おうと思ったのですが、木製の麺棒がなく杭にしてみました。

 

バームクーヘンの材料はホットケーキミックス(1袋200g)を使用。

ホットケーキはシロップなどをかけますが、バームクーヘンは普通そのまま食べるので砂糖を多めにしました。

あとは作り方に書いてある分量です。

 

杭にアルミホイルを巻き、ボールの上でホットケーキミックスをかけます。

ボールとガスコンロのことを考えて幅10cmくらい。

少し回して余計なホットケーキミックスを落としたらガスコンロへ。
f:id:kansanshinku:20160820135746j:image

写真は2回目にかけたとき。 

 

火の上で回します。

多少垂れてしまいましたが、回すのに慣れた数回目からは垂らしませんでした。

回転の速さ、全体が焼けるように場所を変えるなど工夫しましょう。
f:id:kansanshinku:20160820135759j:image

 火力はずっと強火。

時間をかけてゆっくり焼くと水分が飛んでしまい「ふんわり感」が損なわれるという情報もあったので、強火で焼きました。
それでも「焼けすぎ?」と思ったときはコーヒーを自分で焙煎するのと同じ要領で、バームクーヘンの高さを変えることで火力調節。

 

焼けてくるとこんな感じです。

コブになっているのは垂れて来て固まった部分。
f:id:kansanshinku:20160820135819j:image

この後、もう少し焼き目をつけて再びホットケーキミックスをかけます。

それを繰り返すこと約30分。

 

ホットケーキミックス200gを使い切って完成!
f:id:kansanshinku:20160820135829j:image

 膨らんだり、垂れてきたりで長さ約13cmほど。

直径は約9cmほどのバームクーヘンに。
f:id:kansanshinku:20160820135844j:image

 毎回焼き色をつけることで、年輪がしっかり出ますね。

味は、ホットケーキですねw

生クリームとかをかけて食べたらより美味しそうでした。
f:id:kansanshinku:20160820135857j:image

【気づいた点と反省点】

まず使用した杭。

長さが80cmあるので、火から離れられて良かったです。

短いと火に近づくことになるので暑いし、ちょっと危ないかもしれません。

ただ、この杭は焼けてくると少し臭かった。。。

アルミホイルを巻いているので直接は焼けませんが、熱は伝わるで焼けてきます。

「この匂いがバームクーヘンにつくかも」と考えるとちょっと嫌ですね。

麺棒・のし棒だと匂いは少し防げるかな?

 

アウトドアでは竹を使っているのを見かけます。

LIFE Camping本番では竹の使用も考えながら準備しようと思います。

 

LIFE Campingについてはこちら

kansanshinku.hatenablog.com

folks364.com

 Facebookページ

https://www.facebook.com/lifecamping/