アウトドアとカフェ 甘酸辛苦 kansanshinku

アウトドアに関する情報や体験、コーヒーについて多摩エリアから

「酸味が苦手なんです」コーヒーの酸味ってなんだろう?

先日のワークショップでも「酸味」についての話題が出ました。

「酸味の強いコーヒーは苦手」という方も多いですよね。

あくまで自分調べですが、「作り置きされて煮立ったコーヒーの酸味」のイメージが強い感じです。

これは酸化(酸敗)してしまっているから「嫌な酸っぱさ」になるんです。

 

その場で淹れてくれるコーヒーショップで買ったもので「あの酸味は嫌」というのはあまり聞きません。

もちろん好みはありますから「苦手」という方はいると思います。

ただ「嫌」というところまで行くのは少ない印象。

 

ではコーヒーの酸味ってなんだろう?

コーヒーの酸味を表現する言葉に「果物」がよく登場します。

「ベリー系の香り」とか「柑橘系の爽やかさ」とか。

これってコーヒーはもともと果物だからなんですよね。

コーヒーチェリーといわれるものです。

www.ucc.co.jp

だからコーヒー本来の酸味はイヤな感じがしないんです。

 

ワークショップで使用したKALDIの「マイルドカルディ」も酸味がありました。

https://www.instagram.com/p/BGTiGIBGSIg/

コーヒーワークショップでは「購入しやすさ」を考えKALDIの豆にしました5種類用意したのですが、浅めから中煎りくらいの焙煎が多いですね写真はマイルドカルディこれが一番人気ということは、以前より酸味に対する認識が変わったのかな?(値段のせいもあるとは思いますが)#coffee #coffeetime #コーヒー #coffeebean #コーヒー豆 #kaldi #カルディ #マイルドカルディ #今日もコーヒー膨らまそう

インスタにも書きましたが、マイルドカルディが一番人気ということは、この酸味が受け入れられているんですね。(安いのでそれも理由かとは思いますが)

 

最近の流行りでは浅めの焙煎で豆本来の味を楽しむのが人気なので、酸味に対する認識も変わってきたのかもしれません。