アウトドアとカフェ 甘酸辛苦 kansanshinku

アウトドアに関する情報や体験、コーヒーについて多摩エリアから

松が谷ブレンド

前日行って来ました「阿知波焙煎珈琲豆店」の続きです。

 
注文してから焙煎してくれるので、まずは一日置きました。
f:id:kansanshinku:20160318080205j:image
表面には若干のコーヒーオイルも。

f:id:kansanshinku:20160318080306j:image
これは少し青く写ってますね…
 
さて、一杯分なので何で淹れようかと考えました。
いつものHASAMIのカップにCafflanoのドリッパーを乗せると、なんということでしょう!
片付けを考えてカリタのウェーブ型ペーパーフィルターを乗せて。

f:id:kansanshinku:20160318080357j:image
さすが、よく膨らみます。
コーヒー豆の膨らみをじっくり見るのが好きな趣向の持ち主は円錐形のフィルターの方がいいですね。
最初の一滴を入れてから膨らんでいく様子を見るのは楽しいです。
キレイに膨らむとうれしいですしね。
 
そんな抽出を楽しみながら完成です。
f:id:kansanshinku:20160318080440j:image
最近はシティローストくらいが多かったせいか、フルシティにしたのでコクと苦味を感じます。
予算の都合上、なかなか同じ豆の焙煎違いを味わえないのですが、試したくなります。
 
また、阿知波さんは生豆を300gから販売してくれるそうです。
実はこれ、素晴らしいんですよ。
多くの豆屋さんは生豆だとキロ単位からの注文になるんです。
自分で焙煎をやってみたい!という方にはありがたいお店。
 
オーナーさんとは網でやる場合の焙煎のコツについても聞いたので、久しぶりに挑戦しようと思います。