アウトドアとカフェ 甘酸辛苦 kansanshinku

アウトドアに関する情報や体験、コーヒーについて多摩エリアから

Amazonで揃えるソロキャンプ道具 テント編

アウトドアに限らず、道具などを買うときはやはりショップへ足を運び、直接見て聞いて決めるのが納得出来るし、楽しさも倍増ですよね

でも

「今週末にキャンプへ行くことになった!」

「BBQの道具任されてたんだ!」

なんてときにはAmazonが頼りになります

先日、そんな感じでテントを買ってキャンプへ行ったので、使用感も含めてソロキャンプのテントを紹介します!

まずは定番mont-bellのクロノスドーム1型 

  • サイズ:長さ220cm×幅100cm×高さ105cm、収納サイズ本体16×16×33cm、ポールバッグサイズ約6cm×6cm×43cm
  • 重量:本体重量約1950g(ペグ張綱スタッフバッグ込重量約2190g) 

一緒に行ったお仲間が買いました
f:id:kansanshinku:20170909003728j:image

初めてでも約15分で完成

割りと高さもあって中心部分だと座っていても圧迫感はあまり無いかな(177cmの人が座って)
f:id:kansanshinku:20170909003950j:image
内側にも通気口やポケットがあり、便利


f:id:kansanshinku:20170909004015j:image

シートを敷いてみましたが、幅がちょっと狭いので、荷物置き場を作ると狭くなりそう

オートキャンプやバイクでも荷物を積めるなら問題は無いですし、2型でも良いのかも

このテントはグランドシートが別売りなので、お忘れなく

こちらが2人用

【クロノスドームのこれはいいね!】

メッシュ部分が透けないので、中が見えないんです
f:id:kansanshinku:20170909010426j:image

暑い日に入り口を開けていてもこれなら安心

こういう使ってみて気づくことに工夫がされているのはさすがです

 

続いてはこちら

Naturehike 超軽量 2人用 4シーズン 二重層 テント

どこまでが商品名かよくわからない
他にも種類・カラーがありますが、総じてグレーが耐水・重量などで上位のようです

そして、MSRに似てる!

f:id:kansanshinku:20170909004124j:image2人を想定しているから中は広め
1人なら横に荷物を置けますね

f:id:kansanshinku:20170909004153j:image

こちらも約15分で完成
説明書を見る必要はほぼないですね
入り口のフライシートのファスナーが噛みやすいので注意
何度か噛んでしまい、直す際に壊れることも覚悟しましたが、大丈夫でした


f:id:kansanshinku:20170909004212j:image

日本語の説明が無いので、組立てで「?」の部分もありました

後ろのこの部分はどうするのが正解なのか

余らせたままでいいのかな?

【Naturehikeのこれはいいね!】

とにかくテント、フライシート、グランドシート、アルミ製Y字ペグがセットで約1万円
(このブログを書いている現在ではやや値上がり)

続けて使用していくと粗が出てくるかもしれませんが、初心者としてはコスパも良く満足です

1人用もあります

どちらのテントもハンマーがついてませんので、そちらもお忘れなく

ソロキャンプなので軽さと丈夫さを考えるとこのハンマーかな

 

軽量・コンパクトと使いやすさ・便利さ

ここのバランスを考えながらのソロキャンプ、まだまだ始めたばかりですがこれからも楽しみです !

 

前回のテント記事

kansanshinku.hatenablog.com